加入するタイミング

誰にも保険相談をせずに契約する場合、いくつかの注意が必要です。がん保険であれば、契約後90日間はがんを診断されても給付金の支払い対象となりません。もし今までかけていたがん保険を解約していたら、90日間の空白が出来てしまいます金銭的に余裕があれば、併存させるこが理想です。また、他社よりかなり安い保険料の場合は、保険の内容確認を行いましょう。企業の努力によってコストが下げられていることもありますが、手術給付金が10万円と明記されていても支払われる手術の種類が限られている場合があります。がん保険の中でも診断給付金が1度だけのケースもあります。しかし、本人が高額な治療費のみを保険で補いたいというポリシーをお持ちであれば、このような保険も有効だと言えます。

保険は堅苦しいイメージがあります。しかし保険相談はライフプランに欠かせないものです。最近では保険代理店が無料で保険相談をしてくれます。しかし、なぜ無料で経営しているのか、強引に勧誘されないだろうか、保険の知識がないが大丈夫かなど相談する側の心配はつきません。実際に足を運んだ多くの方が、保険相談を有効だったと感じています。保険代理店は保険会社からの契約手数料を収益としているので相談する側は費用がかかりません。現在加入している保険が、ライフプランに合っていれば無理な変更も勧誘もしません。今後のライフスタイルが変わった時の参考として相談を受けています。数社の保険を提示することで、相談する側も選択肢が増えとてもメリットがあります。保険代理店での保険相談の一番のメリットは、人対人でライフプランを話すことで、信頼関係が生まれ、よりよい保険選びが出来ることだと言えるでしょう。